Blooming Flowers

渋谷すばる&J-ROCK&関ジャニ∞を全力で応援中♥

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
雪を見飽きました(爆)
おはようございます☆ゆみです。
今年に入って、職場ではほぼ毎日雪が降っています。
もう、見飽きました。
昨日も、ずっとパラパラ降っていたのですが、夕方から一気に積もり、真っ白な道路を運転して帰ってきました。

今年は、スタッドレスタイヤが大活躍しています。
去年は、ほとんど雪を見なかったのにな。

運転しながら、「雪をください」をヤサグレつつ、聞いています(笑)
吹雪の中を運転してると、「雪なんて、いらねえよ!」って思います(笑)
危険物以外の何者でもないです(笑)

さて、回想録の続きを書いていきます。遅くなってしまってすいませーん。
やっぱりちゃんとした文は、休日or休前日しか書けないですね(汗)
マーメイドの部分は、回想録の範疇を超えてるような気がしますので、読んでて不快に思われる方もいるかもしれません。あらかじめご了承ください。

全くまとなりのない文章になってしまいました。すいません・・・

回想録4 snow white~cinematic


参加中~気軽に押してください♥

ジャニーズブログランキング




関ジャニ∞×eighter×エイトカラー@snow white
スクリーンには、「次の曲はペンライトを消してください」の文字が。
亮ちゃんがスクリーンに映って、曲がスタート。
それぞれの方向から1人ずつ登場して、トロッコ移動し、最後はセンターステージで歌っていました。

7人が集まり、それぞれのソロで、エイトカラーの照明が、メンバーと客席の一部を灯します。
スタンド席1階には、7色のライトがそれぞれ7か所灯されていました。
このために、ペンライトを消したんですね。
スクリーンには、エイトと照明が当たっている場所のeighterが、重なり合うように映し出されていて、すごく幻想的な映像になっていました。

「こんな魅せ方もあるんだなぁ。こんな照明の使い方もあるんだなぁ」ってボーーーっとしながら見ていましたよ。
色んな方法で楽しませてくれるエイトのことを、改めて「すごい!」って思ったよ。

唯一残念だったのは、スクリーンに映ったエイターの1部が、過剰にアピールしてたことです(爆)敢えて書いておきます。

1日公演、安田が最後のソロ部分で、「ただみんなに逢いたくて」って歌ってた気がするのですが、、、勘違いかも(汗)ちょっと自信がありません。「ひとつのうた」と記憶が被ってるのかも。

最後は、亮ちゃんがマッチを大量に擦っていたという映像で終わります(笑)
もうね。。。マッチ売りの亮ちゃんにしか見えなかったです(笑)冬の空×亮ちゃんって、すごく合うわぁーーー(笑)



●混乱の先に見えた光@マーメイド+α
30日、私は最初の水音を聞き逃しました。多分、snow whiteの演出に、心捕らわれていたからだと思います(笑)
でも、隣の友達は聞き逃しませんでした。「マーメイド…!」って言葉を発した友達に、確か私は、「え・・・嘘だ!」と言ったと記憶しています。
始まった曲はマーメイド。
私は、「え・・・何で?・・博貴??え?え?」と、すごく混乱しました。
「何で?何で?」と、何度もうなされるように、呟いてたと思います。

正直に言います。
30日、初めて聞いた時は、どこからか博貴が登場するんじゃないかと、本気で思ってました。
前奏が流れて、下手側から誰か歩いて登場してきたのですが(亮ちゃんだったかな?…忠義だったかも?)、最初はあれが博貴かと思ってました。
私の中で、マーメイドは博貴がいないと成り立たない歌。エイトの歌だけど、「マーメイド=博貴」と言っても過言ではありません。

最初の歌いだしのソロは、忠義でした。
「ラララ~ララララ~♪」の掛け合いは、すば亮からヤスとヨコに変わってました。
「愛の~」は、すばるからヒナに変わっていました。

7人のマーメイドを聞きながら、「な・・・・んで・・?」ってずっと思ってました。
忠義の「I miss you」を聞いても、「きゃあああ♥」なんて叫べなかった。
この歌を7人で歌ったこと、不自然なくらいに歌うパートをシャッフルしたこと、踊りは当時のまんまだったこと、、、、
目の前で繰り広げられているパフォーマンス全てに混乱していました。

30日は、「ショック」というよりも、「混乱」
この言葉がぴったりだったように思います。

この曲に関して、ネガティブ最高潮だったのが、31日1部です(苦笑)
混乱の先に待ち受けていた感情・・・

・・・マーメイドの間、言いようのない感情に見舞われ、号泣しました。いつの間にか涙が流れてました。

めちゃくちゃ苦しかったです。
頭の中で繰り返されるのは、博貴がセンターで歌ってるマーメイド。
でも、目の前にはその姿はなく。
でも、ステージ上の7人は完璧なパフォーマンスをしていて、めちゃくちゃかっこよくて。
一瞬の隙もなく、皆必死に踊ってました。
7人のマーメイドを披露した意味を考えた時、混乱中だった私の頭は、完全にネガティブな方向へ答えを導きだそうとしてました。
だって・・・ね。
私、31日1部は、メンバーを、泣きつつ睨みながら見てましたもん(苦笑)
「あんたら、何考えてるの?」ってね。我ながら、、、怖い(笑)

でも。

31日2部で、光が見えた。
2部は天井席でした。だから、主にスクリーンを見てたんですけど、ヒナがセンターで他メンバーが寝転がったりする踊りもちゃんと見れました。30日と31日1部ではちゃんと見れなかった部分も見れました。

その時、
「あ、、、これって、もしかしてヨコ発信???」という思いが頭をよぎりました。
1日には、その思いは確信には変わっていました。
そう思ったら、、、ストンと腑に落ちて。ビックリするくらいすんなりと。
30日に友達が言ってたスクリーンのこと。
31日2部で、しっかり見ることが出来ました。
目の錯覚を起こしそうな映し方。まるでそこには8人いるかのように見えました。何回も、何回も人数を数えました。

その時・・
「大丈夫だ」って、、「マーメイドをやったことは、悲観的にとらえなくてもいいんだ」って、そう思えたんだよ。

単に、「踊る曲の構成の内の1曲にしよう」という理由だけで、この曲を選曲するとは考えられない。
「8人」を望んでるファンを悲しませるメッセージ的な意図があったとも考えられない。
皆が笑顔にならなきゃいけないライブで、エイトがそんなことをするとは思えない。


敢えての、あの選曲。

ただただ、、、喜んで欲しかったんだと思う。
常に、それが根っこなグループだと思うし。うん。
ヨコ発信だと気付いた時点で、そんな風にぼんやりと思ってました。
関ジャニ∞が大好きで、博貴を含めたメンバー全員が大好きで、エイトのライブが最強だと思ってるヨコだからこその発想。
今、私はそんな結論に達してます。

少し話がそれますが、
そのあとのカウントダウンで、博貴がスクリーンに映った時、皆で「うちー!うちー!」、「そんなとこで何やってんねん!」ってヤジを飛ばす7人の姿を見れたでしょ?あの姿、本当に嬉しかったんだよ。
スクリーンに博貴が映った時の、京セラの歓声も凄かったんだよ。あんなに歓声が起こるなんて・・ね(感涙)
5年が過ぎようとしている今でも、同じ気持ちの人が沢山いるんだ・・・って、感じる事が出来たの。

そんな姿を見た数日後、爺が「戻さない」発言をしましたね。
その発言は、前にも聞いた事があるので、私は、「またかぃ!」っていう感じでした。
でも、いつもは「8」については、結構楽観的な考えを持ってる私も、ふとした瞬間に、弱気になったりもするんですよ。その度に、自分を奮い立たせてるんですけど(笑)

ずっと、8人の関ジャニ∞を思い続けていられてるのは、友達の存在が大きいです。
私の周りにいるeighter友達って、皆「8」を思い続けてる子ばっかりなんですよね。
実際に8人のエイトをリアルタイムで知ってる子もいれば、そうでない子もいますが、皆、思いは一緒なんですよ。
「類は友を呼ぶ」ってその通りだと思います。
お友達のみなさま、いつも本当にありがとう♥(・・・といきなり私信を送ってみる・笑)

私は、「自分が望んでる」から、ずっと思い続けています。
でも、同じことを、エイトも思っていて欲しいと思っています。

だって、本人たちが思っていないと、いつまでたっても実現しないでしょう?

それじゃあ意味がないんですよ。
「道は別々でも、皆の心の中にずっといるから」では、私にとっては意味がないの。

道が離れたあの日から、私の思いは少しも変わっていません。

本人達の確かな思いを知ることはできませんが、あのマーメイドから、何となく感じることは出来ました。
今や、ファンにも色んな方がいますが、少なくとも私は、まだエイトと一緒の方向を向いているって感じることが出来ました。
ひとつのうたの歌詞。
「いつまでも肩を並べて」歩いていけると、思えた。
「ここにある熱いもの」は、きっと一緒だと、思えたんです。

過去にいつまでもすがってるのではなく。
明るい未来を信じています。・・・というか、そうなるものだと思っています。・・・我ながら、超ポジティブ(笑)

snow whiteの裏話を亮ちゃんがしてましたよね?
「7人分のコーラスを作った」って。
私、「1人のメインボーカル+7人分のコーラス」って捉えてましたよ。真っ先にそう思ったんですけど、そんな風に思ったのは私くらいでしょうね。
・・・とことんポジティブです(笑)

「戻さない」と、トップが思っているのなら、そのトップを唸らせるくらい、大きくなればいい。
今は離れてる道だけど、また合流できるように、自分たちでもっていけばいい。
元々は、松竹座さえも埋めることが出来なかった子たちが、京セラを満席にする事が出来るようになったことは、奇跡に近いと思います。
努力に努力を重ねてきた子たち。今、少しずつ開花してきてるのが分かります。
奇跡は・・・何回でも起こせます。全ては自分たち次第。これからだと思いますよ。
「エイトなら・・・!!!」って思わせてくれるのってすごいと思う。

絶望とともに、新年を迎えた3年前の1月。
そんな時、私を救ってくれたのは、新年一発目のすばるのレンジャーでした。

「遅咲きは最強」

あの文字をみて、どれだけ号泣したか分かりません。
この言葉は、3年前からずっと私の心の中にあります。

そして、グッズのマグカップのすばるの言葉。

「そのままで」

そのままでいいとすばるは言ってくれたから。

状況は随分変わってしまったし、今年もめまぐるしく変わっていくんだろうけれど・・・

私は、京セラで感じた「光」を信じたいと思います。



●eighter心理をつかんでいました@ブリュレ
ムービングステージに乗って、メインステからバックステまで移動しながら踊ってました。
曲が流れた時の歓声がすごかったなぁー♥
大人気ですねー♪
そんな曲を、ムービングステージでやったことを、「さすが!」って思いましたよ。
誰もが、近くで踊りを見たいもんね。
ファンが、なるべく均等に見れるように・・・っていう配慮を感じました。
この曲は、踊り全部がツボなので、全体的に楽しんでました♥
全てが好きすぎる♥



●個人的には、、、@悲しい恋~cinematic
マーメイドとブリュレの印象が強すぎたので、印象が薄い2曲です。
ボォーーーっとしながら聞いてました。
個人的には、完全に休憩タイムと化してました(爆)悲しい恋、好きなのにー!すいません(汗)
悲しい恋は、ちゃんと踊ってましたよ。
cinematicは、いつの間にか楽器隊が着替えのために、いなくなってたのですね。
それすらも気づかなかったわ(汗)
大サビで忠義がメインステに登場するんですけど、その時に初めて、「あ!衣装が変わってる!」って思ったし。
ピンクのパーカーで、超可愛かったぁ。
スクリーンには、女の子のアニメ?みたいなのが映っていましたよ。


回想録4は終わりです。

疲れたぁ(><)
個人的思いが強すぎて、本当にすいません。批判とかは、、、しないでね(爆)

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.01.16 22:44  | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.01.18 09:02  | # [ 編集 ]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2010.01.18 20:10  | # [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://fiorirekj8.blog108.fc2.com/tb.php/2208-b5a8b807

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。